感性擬人化エージェントのための顔情報処理システムの開発


Facial Image Processing System for Human-like "Kansei" Agent





人間と情報システム(コンピュータ)との円滑なコミュニケーションを可能にする感性擬人化エージェントシステムを構築するための基本機能である、顔情報処理システムについての研究開発。

本事業は、情報処理振興事業協会(IPA)の「独創的情報技術育成事業」の一環として行われました。





研究内容Research Overview

成果イメージPresentation of Research

構成員Member

ダウンロードDownload

・更新履歴
(1)1999.1.20 顔認識系ソフト更新(Face recognition software updated)
(2)1999.2.24 顔合成系ソフト(操作マニュアル,実行ファイルをV.3に)更新(Face synthesis software operation manual & execution file V.3 updated)
IPA(情報処理振興事業協会)ホームページ




最終更新日付 last update 1998.10.28